株式会社ツインズの特徴について

健康管理は人生の大きな課題だと言われることが多いですが、近年においてはその重要性がますます増しています。その理由は超高齢社会によって医療保障のクオリティが低下していくことが挙げられます。そのため、健康な身体を自分の手で維持していくことで、安定した老後を手にすることが出来るのです。

■企業情報について 千葉県船橋市にある株式会社ツインズは代表取締役の梶原隆司氏を筆頭にスポーツ用品や健康用品、キッチン用品などの輸入販売、鋼材の輸出、不動産賃貸業などを事業展開している企業です。1999年に設立し、今では従業員51名を抱える企業となっています。資本金は3,000万円で年商は18億円です。東京や大阪、仙台の日本支部だけではなく中国にも事務所を構えておりワールドワイドなビジネスをしていることが分かります。 そんな株式会社ツインズのビジョンは「運動&ボディケアを通じて得る『感動』や『喜び』を一人でも多くの人に感じてもらい、世の中を幸せにすること」をビジョンにしています。そのビジョンを生み出すのは毎日の生活から誕生することが殆どだと言われています。つまり、商品誕生に必要なのは市場の意見に耳を傾け情報収集をすることだという明確な理念があるのです。常に消費者に寄り添うことによって難しい商品開発も乗り越えています。

■まるで人の手のような動き マッサージ器具というのは大きな人気を集める健康器具のひとつです。しかし、機械的な動きによって生み出される振動は時に不快に感じるという人も少なくありません。また、動きも単調になってしまうというマッサージ器具も少なくないため、自分の体格や体質に合ったマッサージ器具を使うことが出来ないという悩みを抱えている人も少なくないのです。 株式会社ツインズが販売している「ハンディドクターⅡ」はまるで人間の手のようなさすりマッサージをすることが可能になっています。その理由はシリコンカップの軸を中心からずらして偏心回転させるからです。このようなマッサージは痛みを感じることが無いため刺激に弱い部位にも使うことが出来ます。また、強い刺激を求めている人に対しても人間の手では行えない毎分1,000回以上のさすりマッサージによって心地良くコリをほぐすことが出来るのです。

■ユーザーに寄り添った事業展開 「運動&ボディケアを通じて『感動』や『喜び』を一人でも多くの人に感じてもらい、世の中を幸せにすること」をビジョンとして掲げているのが株式会社ツインズです。日本だけではなく中国にも事務所を設けており、スポーツ用品や健康用品の輸入販売を中心に事業展開をしています。商品開発においては独りよがりにならず、常にユーザーの意見を参考にしているのが特徴です。 「ハンディドクターⅡ」はそんなユーザーからの意見を採用して出来たマッサージ器具だと言われています。どうしても通常のマッサージ器具というのは繊細な動きをするのが困難なため刺激に弱い部位には使用することが出来ませんでした。しかし、ハンディドクターⅡならばシリコンカップの軸を中央からずらした偏心回転によって人の手のようにさすりマッサージをすることが可能になっています。

株式会社ツインズはSDGsにも取り組んでいます!